施設概要

豊かな自然と長寿のまち徳之島は
次世代に受け継ぐ資源循環型社会を目指します

 徳之島愛ランドクリーンセンターは、この豊かな環境を保全し、循環型社会づくりの都市施設として整備したものです。本施設は、リサイクル施設、焼却施設及び最終処分場で構成されており、特に環境保全、公害防止を最優先に考えて、最新の技術を導入し万全を期した施設であります。
 具体的には、焼却施設でのダイオキシン類対策、リサイクル施設での不燃ごみ・資源ごみからの資源回収、また最終処分場では、浸出水を高度処理することによる処理水の焼却施設での再利用、遮水シート破損検知システムによる最終処分場の安全性の確保等です。
 この近代的設備を備えた本施設は、今後ごみの減量化、リサイクル施設として次世代の新しい町づくりのため、さらにはこの麗しい郷土を子々孫々に守り伝えるために大きく貢献するものと期待されます。

徳之島愛ランドクリーンセンター

名称

徳之島愛ランドクリーンセンター

所在地

鹿児島県大島郡伊仙町目手久1395

総事業費

61億9,100万円(うち国庫補助金 15億9,029万円・その他 46億71万円)

竣工

平成15年3月

敷地面積

40,000m²

施設

ごみ処理施設

焼却炉型式:ごみ焼却炉(流動床式焼却炉)
処理能力:ごみ焼却(19t/8時間×2炉)
処理対象物:可燃ごみ、リサイクルプラザ可燃物残渣
※灰溶融炉については現在休止中

リサイクル施設

処理方式:破砕・選別・圧縮
処理能力:13t/5時間×1系列
処理対象物:可燃性粗大ごみ、不燃・粗大ごみ、資源ごみ
啓発施設:再生補修室、会議室、再生品展示場

浸出水処理施設

処理方式:生物処理・高度処理・脱塩処理
処理能力:30m³/日

最終埋立処分場

処理方式:準好気性埋立(セル工法)
処理面積:5,560m²
処理容量:29,600m³
計画埋立年数:15年間(※平成30年3月末時点で埋立進捗60%)

連絡先

0997-81-7180

外観

外観

このページのトップへ