施設の近況です 【クリーンセンター】

昨年の大型台風で発生したごみが今日に至っても野積みの状態です


日々クリーンセンターでは懸命に溜まっているごみをフル回転で処理しています
けれども残念なことに台風ごみと称し産廃ごみをもちこむ方が未だ存在しているのも事実なのです




少しづつ野積みされているごみは減ってきています
けれども、日々みなさんの家庭から発生するごみは搬入されてくるのです



懸命に処理を続けた結果、機械設備が停止する事態も起こるのです



今朝の中央制御室の模様です
ピット内に蓄積されていた可燃ごみ・生ごみは半分近く処理されています


リサイクル・不燃ごみ中央制御室の模様です


豊かな自然や大地に恵まれた美しい徳之島は、「きゅら島」としてみんなの誇りです
徳之島愛ランドクリーンセンターは、この島をいつまでもきれいにするためにみなさんの家庭から出る廃棄物を日々処理しています。建設から16年間ほぼ毎日廃棄物の収集・運搬・分別・リサイクル・焼却・最終処分等の業務を続けてきました。この間に装置の老朽化だけでなくごみの内容も変化し、施設の運転が深刻な状態になりつつあります。次の世代により美しい「きゅら島」を引き継ぐために、みんなで改善策を考えることが必要です。

ひとつが生ごみの分別です。

また、可燃ごみ、生ごみだけではなく
粗大ごみ・資源ごみにもルールが存在します
分解されていない大型ごみは受け入れができません
また当クリーンセンターは一般廃棄物を処理する施設です
詳しくは各家庭に配布しました2019年度手引書(黄色の冊子)をご覧になられてください。

さいごに
産業廃棄物の持ち込みは今後やめてください

みんなで考えましょう
この島の未来を


徳之島愛ランドクリーンセンター

このページのトップへ